2017-09

12月24日:笹沖南交差点の信号機

P1320602_convert_20131223222739.jpg

P1320568_convert_20131223222412.jpg

 きょうは、笹沖南交差点の信号機を取り上げます。

 ここも従道路用車灯がある押しボタン式信号です。


 灯器小糸製品で、

P1320592_convert_20131223222541.jpg

P1320593_convert_20131223222603.jpg

P1320564.jpg

P1320588_convert_20131223222520.jpg

P1320599_convert_20131223222632.jpg

P1320603_convert_20131223222801.jpg

P1320604_convert_20131223222836.jpg

P1320551_convert_20131223222318.jpg

P1320605_convert_20131223222908.jpg

 金属モデルが主に使われていますが、

P1320550_convert_20131223222051.jpg

P1320553_convert_20131223222141.jpg

 樹脂製の車灯も1つだけあります。

 ここは“1つだけ樹脂製”スタイルですね。


P1320557.jpg

 ちなみに、信号新設は1984年3月のようで、

P1320608_convert_20131223222938.jpg

 30年物の金属製車灯はが目立ってきています。

 倉敷にも新たな灯器更新の波が押し寄せてきているので、ここもそろそろ危ないかもしれません……。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:倉敷市 - ジャンル:地域情報

コメント

こんばんは。
小糸って会社
社員1000人の大企業なんですね。

あかちん様こんばんは!

そのようですね。結構大きめの企業みたいです。
ちなみに、2年前の企業再編以降はコイト電工が信号機を製造しています。
1967年頃までは親会社の小糸製作所が信号機を造っていて、「―製作所」ブランドのとても古い信号機もわずかながら残っているらしく、絶滅しないうちに見ておきたいですね。

岡山のかつての様子

 岡山県はどうやら昭和時代、金属と樹脂の両方を試していたみたいに見受けられます。ここの交差点もそうですが金属丸型だと錆びやすい、そこで同時に錆びにくい樹脂両方を試していたのかもしれません。ただ樹脂に関しては強度に問題があるほか、三協製はレンズの耐久性が非常に弱いです。それに対してコイトの網目や京三の網目は結構視認性が強いようにも感じられます。

信号乱歩様こんばんは!

1980年代前半~90年代前半に設置された信号は、“金属・樹脂混在”スタイルが多いですね。

笹沖南交差点の金属製車灯はご覧のとおり錆び錆びですが(泣)、視認性は特に問題ないと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aboutkuukan.blog108.fc2.com/tb.php/1637-1f037269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

abricky38

Author:abricky38
岡山県倉敷市

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
あいさつ・一言 (170)
外出記 (40)
交差点&信号機days (188)
about視聴覚室 (92)
小ネタ集 (1)
aboutコラム (1)
about墓碑銘 (14)
about珍景 (8)
aboutエッセイ (5)
つぶやき空間 (111)
aboutワンショット (22)
aboutウォーク&ドライブ (32)
daily aboutell (162)
about食品館 (127)
about viewpoint (73)
about雑記帳 (139)
SIGNAL Eyeランド (488)
affiliateな空間 (3)
about goingspot (334)
about看板帳 (7)
about outing (178)
about映像館 (7)
TRAFFIC Eyeランド (12)
about放送回顧録 (20)

フリーエリア

楽天ショップ内で探す
楽天市場

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード